音楽祭の魅力

音楽祭の魅力

野口英世記念ふくしま国際音楽祭2018の魅力

1、ばんだい高原国際音楽祭がスケールアップ
2012 年から2017 年まで開催され、延べ1 万人以上の入場者を記録した「野口英世記念ばんだい高原国際音楽祭」が生まれ変わり、新たな音楽祭の登場となりました。

2、野口博士の精神
2018 年、没後90 周年を迎える野口博士。その挑戦と博愛の精神を受け継ぎ、フレッシュで創意工夫に富んだ催しを展開します。

3、観光周遊型のフェスティバル
福島県内7 市町村に渡り。それぞれの特色や史跡を活かした会場設定を実現。音楽と環境の絶妙なコラボレーションをお楽しみ下さい。

4、横断テーマを設置
2015 年、念願の福島訪問を目前にしながら89歳で亡くなった大ピアニスト、アルド・チッコリーニさんをしのび、「イタリア」がテーマに。

アルド・チッコリーニさん(1925~2015)
福島の子どもたちのために何度もチャリティを行った。

5、豪華なアーティスト陣
イタリアからやって来るチッコリーニさんのお弟子さんたちを始め、おなじみノエさん、モナさんの若手スター陣など超豪華な顔ぶれです。

6、戊辰150 周年を記念して
宮城県より仙台フィルハーモニー管弦楽団のメンバー、山口県から有名レストランのシェフを招き、音楽や食の交流イベントを開催します。

7、参加型フェスティバル
ヴァイオリンやオカリナなど、子どもから熟年まで参加出来るワークショプを取り入れ、新たな国際交流も提案しています。

「ノエ乾/ヴァイオリン・マスタークラス」のご案内

8、すべてにナビゲーター
開催全公演に解説役のナビゲーターが参加。特別な知識がなくともコンサートを心ゆくまで楽しめます。

9、特典を上手に利用
スイーツやドリンクのサービス、CD、グッズのプレゼントなど各会場ならではの特典が盛り沢山。もちろん、アーティストのサイン会もあります。

10、カラダに優しいクラシック音楽
近年、世界的に注目を集める音楽療法。クラシック音楽が与える効果は人間に留まらず、動物界、植物界でも実証されています。

11、絵画展やマルシェ、カフェを同時開催
会場によっては、有名画家の展覧会、県内外の作家作品を集めたマルシェ特設カフェ、イートイン・スペースなどを併設します。

 

PAGE TOP